福祉 住環境 コーディネーター

福祉住環境コーディネーターとは

福祉住環境コーディネーターと呼ばれる仕事があります。
高齢者や障害をもった人たちの自立支援の一環として、生活しやすい住環境を提案するという資格です。
健康な時には気づかず生活している住まいですが、段差や入浴時の負担などを、怪我や病気にかかると感じる瞬間が多々あります。
高齢者や障害者は、それらがすべて障害となり、生活しづらく、危険が伴う可能性があります。
福祉住環境コーディネーターは、医療や福祉、建築などの幅広い知識をもとに、それぞれの状態に合わせて住みやすい環境をアドバイスしてくれます。
手すりひとつとっても、その方の症状によって必要な場所や位置などが異なります。
あくまで利用者本人からみた目線が大切となるのです。

その虫歯、通勤ついでに治しませんか?

交通事故治療の治療院をお探しなら

日本初の障がい児専用フィットネスジムのある治療院

看護師の転職を応援するサイト

男性の悩みを解消するクリニック
包茎でお悩みの方はこちらのサイトをチェック!プライバシーに配慮したクリニックもあります

サンプルイメージ1

福祉住環境コーディネーターとは

「福祉住環境コーディネーター」とは、現在の我が国の福祉を支える重要な民間資格の一種です。
これ

サンプルイメージ2

福祉住環境コーディネーターを独学で学ぶ

「福祉住環境コーディネーター」とは、現在の我が国の福祉を支える重要な民間資格の一種です。
これ

福祉住環境コーディネーターとは

高齢になると、いろんな点で不便が生じます。
例えば、階段の上り下り、浴槽に入るために足が上がら

福祉住環境コーディネーターの存在とは

福祉住環境コーディネーターの存在は、ご自宅における介護というものを必要としている在宅医療というものを

Copyright© 福祉 住環境 コーディネーター All Rights Reserved.